2018/​8/18(土) みのりの会公演『目と耳で楽しむおはなし劇の会』

最終更新: 2018年10月25日

演目

『魔法の菩提樹』

​​​

今回は初めてステージの上、ライトありで演じたこともあり、ステージの使い方にまず苦労しました。

同じ演目でも、空間の使い方によって、見え方が違いますし、また舞台袖から出る形式も、ふれあいキューブ環境ギャラリーでの公演とは違います。

場所による見せ方について、考えさせられました。

もうひとつ、苦戦したのが『お話しの会だから、話をメインに持ってきて欲しい』と、演出側から言われたことでしす。

元々ヴァイオリンと人の聲は、映画みたいな演出を目指していたため、音楽と言葉を重ねることを、あまりしない演出でした。

しかし、その方法では話が途切れ途切れな印象を受けるとのこと。

本番前日リハ後のミーティング、当日リハでの合わせで、修正を行い本番を迎えました。

結果は、演出側にだいぶ寄れたのではないかと思っています。

お客様から、直接具体的な感想を聞くことはできませんでしたが、ひとつの達成感が、メンバーに芽生えた事は間違いありません。

今後様々なシチュエーションでの出演へ、弾みとなる公演となりました。


0回の閲覧

出演依頼・お問い合わせ

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now