2018/7/19(木) サロン・ド・ルポゼin新都心ビジネス交流プラザ


『ヴァイオリンと人の聲』の初オファー出演となったサロン・ド・ルポゼ。いつもと違う演出での公演となりました。オープニングは「シンデレラ」をオリジナルアレンジで朗読。王子様との出逢いから、結婚までを演出。「シンデレラになった気持ちで、聞かせてもらいました」と、嬉しい感想をいただきました。二人を祝福する『結婚行進曲』の後は、ヴァイオリン演奏。ヴァイオリニストKUMIKOの世界観を感じる演奏をお聴きいただいた後は、ヴァイオリン演奏体験コーナーへ。今回も2名の方に体験いただき、和やかな雰囲気でコーナーは進みました。そして、オリジナル脚本『藤の姫』を上演。定期公演とは違う、会場レイアウトにより、また違ったの雰囲気でお楽しみいただけたここと思います。ランチの後に再度登場し、詩の朗読とヴァイオリン演奏で、サロン・ド・ルポゼを締めくくらせていただきました。今回初めて、出演依頼をいただいての公演を行ったことで、今後への自信がついたメンバーです。​今後また、次に繋がるような活動をして参りますので、応援のほどよろしくお願いいたします。
1回の閲覧

出演依頼・お問い合わせ

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now