2018​/10/12(金)第9回ふれあいキューブ定期公演


今回の作品『めでたい話』にちなみ、いつもと違う衣装。 赤のドレスで、お贈りいたしました。

『めでたい話』は、今後ブライダルの披露宴や、二次会での上演を意識して作った作品。 新郎新婦の出逢いを、アレンジしています。 今回の公演では、新郎新婦を白雪姫と王子様にして、2人の出逢いから、プロポーズまでを演じました。 お話の最後には、お客様にセリフを決めていただく、ロールプレイング形式を採用。 こちらの意図しない、セリフだったらどうしよう⁉︎ と、若干ドキドキの展開。 しっかりと、めでたい形でお話しが締められて、良かったです。

途中、楽器体験コーナーで、ヴァイオリンの魅力に触れていただき、和やかに進行。

最後は、昔話『手土産のウナギ』を、オリジナル脚本で上演。 百姓の若者が、商人になろうと資金を工面する話で、現代ビジネスにも通用する内容です。

実は今回、開演45分前から、場所取りしてくださる方が‼️ 本当に嬉しいです!

ご覧いただいた方からは、 「写真を撮り忘れるくらい、見入ってしまった!」 との感想をいただき、自信を持ってブライダルで上演ができそうです♪

ご覧いただき、ありがとうございました。

出演依頼・お問い合わせ

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now